結婚指輪の問題解明改善ナビ

結婚指輪は夫婦二人が一生身につけ続けるものです。だからこそ後悔しないように購入前にはしっかり検討を重ねましょう。

結婚指輪の素材といえば…、何を思い浮かべますか?

若い人の多くは…「プラチナ」を思い浮かべることでしょう。

逆に上の世代の方だと「ゴールド」を思い浮かべる人も多いはずです。

別段、結婚指輪の素材はプラチナやゴールドである必要はありません。
それこそシルバーだろうがブロンズだろうがなんだって良いのです。

現在、日本においてはプラチナが結婚指輪のスタンダードになりつつ有りますが、
海外に目を移せばむしろゴールドの結婚指輪の方が一般的なようです。

時と場所を移せば、好まれる結婚指輪の素材も変わるのです。

実際に宝石店に行けば、様々な素材の結婚指輪が販売されています。
プラチナ
ホワイトゴールド
ピンクゴールド
イエローゴールド
このあたりが定番的な素材といえるでしょう。

プラチナは白金とも呼ばれ、偏食・変質しないのが最大の特徴。
美しさを半永久的に保てるので、二人の愛の証としても最適と言われているのです。

ホワイトゴールドは見た目的にはプラチナに近く、
プラチナよりも軽くて金額も安いのが特徴です。

ピンクゴールドはゴールドにパラジウムと亜鉛が混ぜられており、
淡くピンクに光る姿は女性の指にも美しく栄えます。
多少素材としては硬いので、サイズ直しがしにくいのがデメリットでしょう。

イエローゴールドは所謂一般的な「金」です。
欧米では結婚指輪の素材として一番人気が有ります。
国内でも最近はプラチナではありきたり過ぎると思う方が増えているようで、
また徐々にイエローゴールドの人気が高まっているようです。

ゴールドのお手入れの仕方:http://chiteki-blog.com/2504.html#i-2

月曜日, 22 2月 2016 on 結婚指輪のつけ心地.

Comments are closed.

結婚指輪の問題解明改善ナビ - 結婚指輪は夫婦二人が一生身につけ続けるものです。だからこそ後悔しないように購入前にはしっかり検討を重ねましょう。.

Powered by WordPress using the theme Blog Curvo (by Sumolari).

Entries (RSS) and Comments (RSS).

Top